スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュニジアの旅 その①Firenze

2008年1月10日(木)
LH741便  関西空港 10:40発 フランクフルト 15:10着 
LH4064便 フランクフルト 16:30発 フィレンツェ 18:00着

悪~い予感が的中!
フランクフルト到着が遅れたため
LH4064便に乗れなかった
セキュリティーチェックが厳しさを増している昨今
乗り継ぎ時間「1:20」では短いよね~

航空券持ってカウンターで交渉
やれやれ、4時間後のFirenze行きに空席があったのでそれに搭乗することに
さて、Firenzeのホテルに遅延の連絡をしないと!
ドイツ公衆電話の使い方に奮闘しながらも
なんとかホテルに繋がり了承を得る
電話代:30セント

さっきカウンターで交渉した時に貰った
10ユーロのMealクーポンで
ドイツと言えばハーゲンダッツ
CIMG1600
キャラメルほにゃららパフェ

21:05の出発まで時間を潰して
Firenzeの空港に着いたのは22:30(小雨)
日本人達が足早に向かうのはタクシー乗り場
周辺のイタリア人情報によると
市内までのタクシー料金は20~30ユーロ
持ち金が無い訳ではないけれど
一人だし、最終バスに乗れそうなので
大きなスーツケースと共にバス乗り場へ移動
バスを待つ東洋人は私だけだった
やっぱり日本人はお金持ちなんだね~
空港→サンタ・マリア・ノベッラ中央駅 4.5ユーロ

CIMG1643.jpg
SMN駅近く、部屋からの眺め

2008年1月11日(金) Firenze雨

CIMG1612.jpg

6年ぶりのFirenzeは天気の後押しもあってノスタルジック
“条例”があるので風景の変化は無いけれど
そこで働く人、商品、管理人の変化が歩いてると伝わってくる

CIMG1622.jpgCIMG1624.jpg
Trattoria“Antellesi”
左:Firenze冬の名物料理リボリータ 右:スカモルツァ入りサラダ
1/4Vino Rosso 
上記会計15ユーロのランチはSecondoが「肉」だったので
「肉はキライです」と申告したらチーズ(写真右)に変えてくれた
この店のリボリータお勧めです
indirizzio:Via Faenza 9r

2008年1月12日(土) Firenze雨

Firenzeで大好きな教会
Ognissanti
教会入って右壁にあるBotticelliの“Sant'agostino”という絵が好き
教会の隣(向かって左側)のドアを入っていくとキオストロがあって
CIMG1648.jpg
矢印を辿って行けば
CIMG1649.jpg
ギルランダイオの“最後の晩餐”
ド真ん中のイスに座って
いつも長~い休憩鑑賞しています

アルノ川に架かる橋を渡ってPitti宮・ボーボリ庭園へ
CIMG1662.jpg
写真が撮りたかったのに柵が
目当ての像→左端にちょっと写ってる亀に乗ったデブ裸男

CIMG1667.jpg
サンタ・クローチェ教会
左端はダンテ像
8年前ここを通って「学校」へ通った覚えが・・・

Mercato S.Ambrogioの中の食堂“Da Rocco”
いつも混んでて相席になる
8年前は小心者で入れなかったんだよね~
CIMG1671.jpg
今も小心者だけど店内が空いてたから・・・
パスタエファジョーリ(短いパスタと豆)
+パン+ワイン(適量)で会計5ユーロ

コメントの投稿

非公開コメント

Gatto nero
Calendario
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Le parole

presented by 地球の名言

Le categorie
L'utimo articolo
Archivio
Profilo

Sonaglio

Author:Sonaglio
牡羊座 O型 

Stella
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。