スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんぱく

tivetto.jpg
会期/2009年4月23日(木)~2009年7月21日(火)
会場/国立民族学博物館

tivetto2.jpg 仏教がチベットに伝達する以前から
信仰されていた土着宗教がポン教
チベット仏教は右回り
ポン教は左回り
チベット仏教は卍
ボン教は卐

宗教に疎い者からみれば
よく似た感じなんだけど・・・









ダライ・ラマ14世好きの私としては
ポン教と聞いてもテンションは上がらなく
放置していた企画展・・・・
閉展3日前にして行ってみることに!

場所は万博記念競技場の近く
よくたまにサッカーを見に行っていたので
懐かしい記憶がフラッシュバック
太陽の塔はやっぱり芸術品ですわ~

博物館の書店で
前から欲しかった曼荼羅を扱った本を発見

「マンダラ~チベット・ネパールの仏たち~」
即買い
きて良かった

見物時間 1時間30分では足りない・・・
今度はもっと早起きして行く事にしよう!

本町に少し遅刻して到着
プーリア出身のイタリア人オーナーが経営する
レストランで夕食
オーナーは留守だったけど
新人の給仕(「さかな君」似)が
ま~タイミングの悪い給仕で
食事の会話を止める止める
その光景が妙に可笑しいひと時でした
スポンサーサイト

きものdeおでかけ

今年は栖鳳の京都市美術館→高島屋7Fの細見美術館開館10周年記念展→
何必館・京都現代美術館を無料で周る予定だったけど、悪天候のため予定変更。
午後からの始動となり、高島屋で友達と合流して北大路魯山人を見に京都現代美術館へ。

2009春着物 002

その後、高台寺の「掌美術館」へ
※てのひらのような小さな美術館という意味らしい

↓通り道の八坂神社奥、円山公園の現代いけばな展
a2009春着物 011
a2009春着物 015

花灯路
a2009春着物 021

a2009春着物 022

草履でよく歩いた。
お太鼓(帯)の締め方がイマイチだったので、帰宅後やり直してみた。
今度着物を着るのはいつかな~

神戸

il 28 Febbraio 2009

2001年秋、Parmigianinoが描いた一枚の絵を見るために
ナポリからウィーンへ飛んだ。
すっごく、すっごく見たかったのに
その場所には「restauro」修復中の張り紙が・・・・。
目を疑いヒマそうな学芸員にわざわざ聞いてみたけど
やっぱり修復中。。。
ガッカリしたね~、この時は。
でも、ナポリで知り合ったオーストリア出身の
ジュリアと再会できたので、それなりの楽しい旅だったけど。

Cupid che fabbrica l'arco
超お気に入りの一枚
ウィーン美術史美術館 所蔵
Parmigianino
【Cupid che fabbrica l'arco】
【弓工場のキューピット】


そんな因縁のあるウィーン美術史美術館所蔵の作品が
兵庫県立美術館へ来ていたので見に行ってみた。
「静物画の秘密展」
ヨーロッパで訪れる美術館では
静物画の部屋=早送りする部屋なので
ある意味、日本でしか見れない絵画展だったね。
じっくり一枚一枚を観賞できて満足。

そのあと、三宮のステーキハウスへ!!
肉嫌いの私がナゼ肉屋か?
それは友達が働いているから。
2年越しで「食べに行く」約束を果たせた!

目の前で繰り広げられる
鉄板パフォーマンスに目が釘付けになり
なかなか貴重な体験だったな~
いろいろサービスしてくれて
ありがとう店長さん


プラネタリウム

久しぶりの大阪駅。やっぱり方向が分からない・・・・。
地下街で地図を見てたら後方から
「どこいくんや?」と声がして、振り向いたらオジサンが私に話しかけていた。
ちょっとビックリしたけど、ご親切に詳しい道順を教えていただきありがとうございました。

世界天文年2009 特別企画「ガリレオ~望遠鏡が拓いた驚異の宇宙~」
Galilei家に生まれた7人兄弟の長男Galileoが、初めて天空を望遠鏡で見たときから
数えて400年後の今年は世界天文年らしいです。
星といえば、オリオン座と金星くらいしか知らなかったけど、
今回ふたご座とスバルを覚えました!
星座線で色んな星座を説明していたけれど、
古代人のイマジネーションに、私の想像力はついていけません
都市ではせいぜい300個くらいの星しか見えないけれど、
実際は3,000個の星を見ることができるらしい。
満天の星、見てみた~い!

同じ日にオムニマックス映画「ギリシャ~失われた時代を求めて~」も観賞したけれど
こっちは巨大ドームスクリーンでGoogle earthを見ているような感じで、途中で気分が悪くなった。
最新CGによって復元されたパルテノン神殿は面白かったけど、信憑性は分からない。

行きも帰りも、とある橋で行列が出来ていて、
「何かな?」と思ったら“堂島ロール”の行列。
平日の昼間も並んでるんですね~。
Gatto nero
Calendario
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Le parole

presented by 地球の名言

Le categorie
L'utimo articolo
Archivio
Profilo

Sonaglio

Author:Sonaglio
牡羊座 O型 

Stella
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。