スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZANSKAR2011 旅日記 ⑥

8月14日(日)
シェアタクシーの迎えはAM6:30
部屋をノックされ
ちょっと早いけど呼びに来たんだと思って
荷物をまとめて外へ出る

外にはGラマが!?
Gラマ「Lheまで一緒に行けることになったので迎えに来ました」
私「えっ、でも昨日の夕方前金払って予約を入れたシェアタクシーがあるんですけど…」
Gラマ「大丈夫です。彼らはもう行きました」
私「???」
Gラマ「大丈夫、大丈夫、ハハハ」
良く理解できないけど ま、いっか
またまたザンスカールマジックにかかってしまった~

CIMG7702 (800x600) (640x480) Padumからカルギルに向かう途中
CIMG7740 (800x600) (640x480) Padumからカルギルに向かう途中 車とドライバー
CIMG7744 (800x600) (640x480) Padumからカルギルに向かう途中の氷河
CIMG7823 (800x600) (640x480)
ラマに手を振る子供たち
CIMG7829 (800x600) (640x480)ハイカラな家
CIMG7854 (800x600) (640x480)
カルギルの宿 

8月15日(月)
CIMG7872 (800x600) (640x480)カルギル
CIMG7940 (800x600) (640x480)カルギルからレーへの途中
CIMG7948 (800x600) (640x480)カルギルからレーへの途中 ラマユル寺
CIMG7990 (800x600) (640x480)カルギルからレーへの途中

レーのZik Zikゲストハウスに到着したのは夕方
お土産を買いにでかけ、最後の晩餐は
ベジダルを50Rで食べれる路地裏のいつものレストランへ
ここは従業員の方々の素朴さがなんともいえない良い感じのレストラン
味も良いし是非お勧めします!

8月16日(月)
10:45発のキングフィッシャーでデリーへ
CIMG8010 (800x600) (640x480)
機内サービスは水以外有料

昼過ぎにデリーに到着し深夜発のフライトまでは
デリー空港向かいの地下鉄乗り場で荷物を預けて
市内観光へ
香辛料が安かった

8月17日(火)
無事日本到着
スポンサーサイト

ZANSKAR2011 旅日記 ⑤

8月13日(土)
CIMG7586 (800x600) (640x480)クミ村からトンデ村へ
Gラマの親戚の家に歩いていく道中
CIMG7587 (800x600) (640x480)高いところにあるのがトンデ寺
Gラマはあそこまでいつも歩いて登るという…

気合を入れて一緒に登ろうとしたけれど
夜にはPadumのホテルに戻らないといけない都合上
トンデゴンパに行くのを断念
私は親戚の方々とサニ祭りに行く事にし
Gラマとはここでお別れ

CIMG7603 (800x600) (640x480) 8月13日の祭りの様子
CIMG7610 (800x600) (640x480)


親戚一家にPadumまで送ってもらいIbexホテルへ
翌日の朝出発のカルギル行きのバスかシェアタクシーを探しに
Taxiスタンドへ
しばらく待っていると席が空いてる車があるということで
前金払ってIbexホテルの前での待ち合わせ時間を決めて予約完了!

CIMG7646 (800x600) (640x480)
Padumの夕焼け

ZANSKAR2011 旅日記 ④

8月12日(金)
サニ寺の祭り
片道10キロ以上を歩いていく
見かける人間がとても少ないので
「サニゴンパ、カルヨ~」サニ寺どこですか?って
出会う人に聞きながら進む
CIMG7477 (800x600) (640x480)快晴で気持ちがいい~

CIMG7488 (800x600) (640x480)
道端でおじさんに「これ持ってって」みたいな事を言われ
タルチョ(五色の旗)を託される

CIMG7492 (800x600) (640x480)すれ違う動物
CIMG7493 (800x600) (640x480)

CIMG7511 (800x600) (640x480)
大自然を堪能しながらサニ村到着
CIMG7513 (800x600) (640x480)
テント張ってる外国人もいたりする

CIMG7518 (800x600) (640x480)
ミッション完了!!
旗と一緒にメモをもらっていたので
路上の村人にメモを見せたら家まで案内してくれた
CIMG7523 (800x600) (640x480)
村祭りなので家でも宴会が行われていた
地酒をご馳走になる
もっと飲んでけ~もっと食べてけ~と有難いお誘いだったけど
サニ寺の祭りが気になるのでそこそこで退散

CIMG7525 (600x800) (480x640)
野性的な子供たち
CIMG7529 (800x600) (640x480)
祭りに来ていたお爺さん
CIMG7558 (800x600) (640x480)
8月12日の様子
9時にホテルを出発して寺に到着したのは12時前
お寺で会った同じホテルに宿泊中のイタリア人は
途中で走ったりして1時間30分で着いたらしい

祭りが始まる少し前
お坊さんがプラスチックのイスを一列並べた
どんなVIPが来るのかと思ったら
日本人ツアー観光客だった(笑)

午後は天気が悪くなり
帰りは雨も降りだしてきたので
人生初の一人でヒッチハイク成功!
ラダックだから、ザンスカールだからできた~

ホテルに着くと昨日行ったポタン寺のラマと
現地で会えたら良いな~と思っていた
ザンスカール出身で広島在住のGラマが待っていてくれた!
突然で超ビックリ~~~
まさにザンスカールマジック!!
Gラマと初対面挨拶を交わし
早々Gラマの実家があるクミ村にお邪魔することに
公共交通機関のない場所での地元民の繋がりは凄いね~

CIMG7580 (800x600) (640x480)
Gラマの実家で本場のツァンパの食べ方を教わる

ZANSKAR2011 旅日記 ③

CIMG7413 (800x600) (640x480)

8月11日(木)
CIMG7418 (800x600) (640x480)
Padumの中心街

朝一番に宿探し
数軒回った結果
町で一番のHotel Ibexに決定~
フランス・イタリアからの客が多い

CIMG7422 (800x600) (640x480)
通りすがりの牛と目が合う
CIMG7424 (800x600) (640x480)
Padumのモスク
CIMG7431 (800x600) (640x480)
町外れにあるギャワ・リンガ磨崖仏
場所が分からなくて、道で出会ったトリンゴンパの尼さんがわざわざ案内してくれた
CIMG7443 (800x600) (640x480)Ibexホテル前のくだもの屋さん

CIMG7454 (800x600) (640x480)
ポタン寺の中
今までにダライ・ラマ14世がteachingで4回来られたという事を
お坊さんが誇らしげに話してくれた
お茶とお菓子を頂いてブレイクタイム

CIMG7461 (800x600) (640x480)
ポタン寺に咲いていたコスモス
8月だけど日本の秋のような気候だった

CIMG7473 (800x600) (640x480)
Padumでカイラス山発見!!





ZANSKAR2011 旅日記 ②

8月9日(火)
約束通りの朝7時に昨日のドライバーが迎えに来た
ホテル→バススタンド→民家と乗客をピックアップして
客7人+ドライバーでLheを出発

CIMG7357 (800x600) (640x480)
途中の休憩所にて

道中パスポートチェックを1回受け
PM3時ごろカルギル着
さて、ここからどうやってザンスカール(Padum)まで行くか…

とりあえずクラウンホテルにチェックインして
晴れてる間に水シャワー
タクシーで隣席だった人も同じゲストハウスに来ていて
明日ザンスカールの実家まで行くとのこと!
(車中はほとんど寝てたので彼とは会話してない)
ホテルの兄ちゃんと男たちが話し合い
私は結論を英語で聞かされる
明日の昼ごろザンスカールに向かうScoprioがあるから
それにザンスカーリーと一緒に乗ったら良いとの事
ラッキー

移動方法の悩みが解消されたので
カルギルのメインロードを散歩

CIMG7367 (800x600) (640x480)
ラッシー+ベジライス  

CIMG7368 (800x600) (640x480)
カルギルのモスク

8月10日(水)
早朝ドタバタ騒音で目覚める
きっとローカルバスが3時とか4時とかに出発するので
それに乗る人達の身支度の音だ
8時に起きたら他の部屋は全て空っぽだった

昨日皆が言っていた「Scoprio」は車の名前だった
ザンスカーリー・チベタン・ラマ・ドライバー・私の5人で
13時カルギル出発

昨日にも増して道が凸凹
ビッグサンダーマウンテン+ロデオ+スプラッシュマウンテン+++++
とにかくアドベンチャー  面白すぎ~
四駆ってこの道の為にあるんだな~と実感

CIMG7377 (800x600) (640x480)
Scoprio

CIMG7382 (800x600) (640x480)
村の子

午後11時ザンスカールの町Padum着
暗い
ドライバーが案内してくれたChangthangGHに落ち着く
綺麗で清潔なGHだったので連泊を希望してみたが
明日、明後日は空室がないとの事
残念
お祭りなのでホテル探しが難しいという噂を思い出した
Padumには3-4日滞在したいのに…
明日、宿が見つかりますように

ザンスカールの夜は寒い

ZANSKAR2011 旅日記 ①

11日間で日本-ザンスカールの往復ができるのか?

ラダックに詳しい方数人に聞いてみた
「う~ん、普通はそういう事しない」
らしい

Lheから片道最低2日 + 高地順応日数のことを考えると
当然の回答

だからと言って休暇を伸ばすことはできないので
とりあえずラダックの中心地Lheまで行ってみて
体調と相談し、問題なければザンスカールを目指す事にした
Lheのゲストハウスだけを日本で予約し
いざ、出発!!

8月7日(日)
関西空港からマニラ経由でデリー空港に着いたのは
日付が変わって翌01:10
デリーからレーまでの飛行機Air Indiaは05:45発
ATMで現地ルピーを引き出したり
同じようなフライト待ちのイタリア人に荷物を見てもらって
洗面所へ行ったりと真夜中のデリー空港内をご満喫~

8月8日(月)
Lhe07:00着
日本人カップルとタクシーをシェアし
空港からカルズ地区のゲストハウスへ

シャワーを浴びて朝寝
高山病にならないためには十分な睡眠をとる!
去年ラダッキに教えてもらった方法
「疲れている」ことが最も高山病になりやすいのかも

特に体調の変化を感じないので午後はバスさがし
ザンスカールへ行くにはカルギルで1泊するのが通常らしいので
早朝発でカルギル行きのバスが出てるというポログランドへ
受付らしき場所を探している間に
車が沢山停車している場所へたどり着いた
「明日カルギル行きたい」
「前金100ルピー明日620ルピー、朝7時にゲストハウスに迎えに行くよ」と
タクシースタンドで質問していたらしい
シェアータクシーの予約成立

ローカルバス希望だったのに結局探し出せなかった・・・・


去年2月の訪問から1年半
去年8月の洪水被害の事がとても気になっていた
一観光客が眺める限りでは復興が進んでいる様子

CIMG7352 (800x600) (640x480)
王宮から眺めたレーの町

※どこぞのTVでレーを村だと言っていたけれど
レーはです。

ZANSKAR 2011夏 旅費

本で見ていた場所に行っちゃった
行けちゃった

行ってみると
案外簡単だった

高山病にならなかったのが一番嬉しかった事
高地に行くと必ず出会うのが高山病と戦ってる人

旅の途中、日本人団体旅行者に会った
11人が4台の車で移動していた
ツアー日程はさほど変わらないけど
ツアー料金はこっちの5倍ほど
日本文化を持ち込んだ旅行をすると
それくらいになるのかな?


◎◎旅費◎◎

インドVisaは郵送で取得
申請手数料2,635円

京都⇔関西空港 4,700円
関西空港⇔デリー 42,000円+26,920円
(フィリピン航空)
デリー⇔レー 5,930INR
(キングフィッシャー8/8搭乗)
レー⇔デリー 4,506INR
(エアーインディア 8/16搭乗)

レー空港→ゲストハウス
8/8タクシー 160INR/3人

レー→カルギル 720INR 
8/9シェアタクシー
カルギルGH 300INR

カルギル→パドゥム 1,000INR
8/10シャアタクシー
ChangthangGH 400INR

HotelIBEX 600INR×2泊
知人宅泊 0INR

パドゥム→カルギル 500INR+500INR
8/14シェアタクシー
カルギル宿 150INR

カルギル→レー 700INR
8/15シェアタクシー

レーGH 8/8・8/15 
2泊+空港送迎 580INR

8/16デリー空港→ディリー・ハット 
プリペイドタクシー 260INR

ディリー・ハット 入場料20INR

8/16ディリー・ハット→デリー空港 
地下鉄 25INR+80INR

8/16デリー空港手荷物預け 90INR+75INR 


インドルピーはデリーに到着した日に
空港の中のATMでVISAカードでキャッシング
一回に出せるのは MAX10,000INRだったので
2回利用

海外キャッシング手数料
1万円以上210円
1万円以下105円

前は手数料なかったのにな~
Gatto nero
Calendario
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Le parole

presented by 地球の名言

Le categorie
L'utimo articolo
Archivio
Profilo

Sonaglio

Author:Sonaglio
牡羊座 O型 

Stella
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。